理美容経営用語辞典【う】 運営管理の教科書

運営管理の教科書
【うんえいかんりのきょうかしょ Textbook of operational management 운영 관리의 교과서 】

理美容学校の運営管理という授業で使用されている教科書、これが勉強になるんですよ。

運営管理の教科書にはヘアサロン経営に必要なマーケティング

ネジメントなどの説明があり、その充実ぶりから思わず先月号で

「もしもサロンオーナー編集者が理美容学校教科書の『運営管理』を読んだら」

と題した特集を組んでみました。


そこでは、運営管理の教科書に書かれている内容に対して

自分が取材先で聞いた実例を紹介する繰り返しで結局、25の事例を取り上げましたが

原稿を打っている私自身が一番楽しんでいたかもしれません。



理美容学校の教科書というと、どうしてもお堅いイメージが強く残りますが

読み込んでいくと製作サイドの意図が窺い知れます。

とくに、この運営管理の教科書に関しては、時流に沿った内容が多く書かれており

まさにヘアサロン経営のお手本であるといえます。


ですから、理美容学生のみならず

新規独立を控えた理美容師を対象にした講習会などでも活用したいのですが

現在のところは、あくまでも対象読者は学生のみとのことです。
[PR]
# by ribiyo | 2011-08-23 12:10 | 理美容用語辞典

理美容経営用語辞典【う】嬉しくなる言葉

嬉しくなる言葉【うれしくなることば Word that becomes glad 기뻐지는 말 】


誰もがついつい嬉しくなる言葉というのがあります。

ロレアルプロフェッショナルの戸谷益三部長曰く

頭文字を合わせて「神様ナイスだ」と教えてくれました。

その内容については、どのような言葉でも良いのですが

代表的なモノとしては次のようになります。


【か】感激しました

【み】見事です

【さ】さすがですね

【ま】マネしていいですか?

【な】なるほど!

【い】いいですね

【す】素晴らしい

【だ】だから(○○さまは凄いんですね)


接客用語の基本として意識しておくだけでも違ってきませんか。

また、指名客が多いスタイリストは、技術力やデザイン力とは別に

言葉による表現も影響しています。


そう「神様ナイスだ」を使っているケースが多いのも事実なのです。
[PR]
# by ribiyo | 2011-06-24 14:10 | 理美容用語辞典

理美容経営用語辞典【う】 ウサギとカメ   理容 美容室

ウサギとカメ【うさぎとかめ Rabbit and turtle 토끼와 거북이 】

足の速いウサギと、遅いカメが競争。

途中で油断したうさぎが居眠りしてしまい、最終的にカメに抜かれてしまうお話です。


なぜ、カメが勝ったのでしょうか? 

もちろん、コツコツと前に進む姿には努力を惜しまない姿勢が感じ取れます。

とはいえ、インターネットの世界では色んな解釈があるのも事実。

代表的なモノとしては、ゴールをずーっと見据え、そこに向ってひたすら進んだのがカメ。

夢や目標が明確に定まっている人たちが、実現するために手段を選んで行動するのと一緒。

だから、日々、夢や目標に確実に近付く。そんな感じです。


一方、ウサギはカメだけではなく、周囲の反応ばかりを気にしています。

そのなかで、どう立ち回れば良いのか。

つねに意識しているのはそこにあるので、誰もいなくなった途端、休む。

ウサギは「忙しい」と連呼するだけで、

自分のキャパが狭いという根本的な問題解決に取組まないため、

いつまで経っても結果がともなわない。

日々の小さな積み重ねも、数年・数十年続けば、その差は歴然となる。

だから、カメが勝つという考えです。


または、短距離競争では勝つ確率が限りなく低いと考えたカメが、勝率が高くなる場所を探した。

マーケティングを徹底して勝てる状況が限りなく高いと判断して、ウサギを呼び込んだ。

もしくは、競争の前夜にウサギさんを含めた飲み会を企画・実行して

度数の高いカクテルなんかもドンドン飲ませて、二日酔いにさせたかもしれません。

つまり、勝負は行なう前から、ほぼ決まっていたことになります。

となれば、スタートラインに立ったカメが、一瞬「ニヤリ」としていたかもしれませんね。


飲食業界からは、カメが寝ているウサギを起こし

一緒にゴールをする「共に勝つ」という発想も聞こえてきます。


どちらにしても、ウサギとカメの話には、色んな考え方が存在しているということです。

そのような様々な視点からウサギとカメを見てみますと、また新発見がありませんか?


皆さんは、コツコツと努力を継続するカメさんですか?

それとも、寝ているウサギさんを起こして一緒に走るカメさん?

自分の優位性を把握して、そのための行動手段を考えるカメさん?


まさか……同業他社の様子ばかりキョロキョロと伺って

妙な安心感を抱いているウサギさんではないですよね?

なんねて「笑」
[PR]
# by ribiyo | 2011-06-09 12:21 | 理美容用語辞典

理美容用語辞典【う】 裏メニュー

裏メニュー【うらめにゅー Limited product 한정 상품】

裏メニューと混同されがちなサイドメニュー。

その意味合いは、多少違ってきます。

サイドメニューの立ち位置は、オプションメニューと同じですから

付録と捉えると理解しやすいかもしれません。

しかし、裏メニューというのは独自性が強く

それだけで成り立つという存在感がある商品なのです。


と、小難しく書いてしまいましたが

牛丼屋さんのメニューに置き換えて考えてみましょう。

牛丼が本メニュー。

サイドメニューもしくはオプションは、生卵、お新香、豚汁、牛皿などが挙げられます。

本メニューにプラスして頼むことで、より自分好みの味にカスタムできるようになり

ニーズはその辺にありそうですね。


余談になりますが、某ファストフード店では

サイドメニューのポテトで粗利益率を大きく向上させており

それが儲かる仕組みの一つでもあります。

その辺は今後【さ】行になったときに説明しますね。
 

裏メニューの話に戻りますが、牛丼つゆだく、牛丼つゆだくだく

牛丼ねぎぬき、かるいのなどがあり

これだけで商品価値が成り立っていることが理解できますよね。


さらに付け加えるならば「裏メニュー」=「優良顧客だけが知っているキーワード」

という方式もあるのです。

牛丼の裏メニューも当初は、常連客だけが許された食べ方であり

それに憧れてお店に通う顧客も多かったことでしょう。

つまり、来店頻度促進に一役買ったのです。

これらの状況を店舗経営に活かしたのが

「お客様は『えこひいき』しなさい!」(中経出版発刊)の著者である

高田靖久氏が推奨している顧客差別化戦略です。


売上げの約75%は、売上げに貢献している上位30%の

ファン客や優良顧客によって計上されているデータの存在を紹介しています。

だから『えこひいき』先を上位30%の客層と明確にしているのです。

そこで、なにを持って『えこひいき』するのかというと

そこに裏メニューが含まれているのです。

理由は簡単。最低限の経費で顧客を喜ばすことができるから。

牛丼の裏メニューを思い出してください。

とくに新たな経費は必要なく、いま手元にある商品を

提供方法を少し変えて提案しているだけですから。


長文になりましたが、顧客管理を徹底的に行ない

上位30%の顧客層の数を増やして売上げ向上に繋げたいのであれば

裏メニューの存在は必要不可欠なのです。


優良顧客だけシャンプーがヘッドスパになったり

シャンプー中にハンドマッサージが行なわれるなどが

代表的な裏メニューといえるでしょう。
[PR]
# by ribiyo | 2011-02-19 13:32 | 理美容用語辞典

理美容経営用語辞典【う】 売り掛け

売り掛け【うりかけ Sales multiplication 외상판매】
 

ひと言で表現するとツケ、つまり売った商品の代金後回収となります。

ヘアサロン経営の場合、カード払いと表現すると分かりやすいかもしれません。

ちょっと前のことですが、取材先の美容室からは、このようなお話が聞こえてきます。

普段のカット料金をカードで支払っていた顧客を対象にして

現金支払いにすることで手数料金分をポイント還元に上乗せするサービスを行ないました。

正直、効果を期待していなかったと本音を語るスタッフは

フタを開けてみてビックリ、多くの顧客が現金払いに戻したと教えてくれます。


ヘアサロン側としては、現金払いが嬉しいのですが

場合によってはカード対応もせざるを得ません。

しかし、現金払いによるメリットを前面に打ち出してみると

案外効果的なのかもしれません。

日々の現金収入がヘアサロンの安定経営に繋がるのですから。
[PR]
# by ribiyo | 2011-01-05 15:28 | 理美容用語辞典

理美容経営用語辞典【う】 売れ筋

売れ筋【うれすじ Hot seller 히트 상품】

一番人気が高いメニュー。

それが売れ筋商品となります。


話は少し変わりますが、かなり前、競馬にハマっていたころがありました。

で、同じ趣味の人たちと情報交換すると、こんな話を教えてくれます。

「データを元にして考え抜くと最終的には1番人気の競走馬という結論になる」と。

つまり、多くの人たちに支持されるには、納得できる明確な理由があり

言い換えれば強みが存在するからです。

だから人気に繋がることでしょう。


話を戻します。

ランキング結果をPOPなどで紹介すると説得力が生まれてきます。

売り手側の都合で紹介するのではなく

「多くのお客さまたちが支持しているメニューや商品はコレです」

と順位別にアプローチする方法も効果的でしょう。

そこに、人気の秘密なども付け加えることで

興味を抱いた人が自然と読み込む流れになります。

そして、できるならば、それらを顧客の声として紹介すると、さらに効果的。

価格の表記にしても、何日間使用できるのか、もしくは1回単価はいくらなのか

そのような説明も良いと考えます。


売れ筋は何か。

どうして売れているのか。

誰が勝買っているのか。

1回単価はいくらか。

これらを連動させながらPOPを作っていくと

作り手そのものがメニューや商品のファンになり

接客の際に自然な感じで伝えることができるようになります。
[PR]
# by ribiyo | 2010-12-24 12:07 | 理美容用語辞典

理美容経営用語辞典【う】 売上げ

売上げ【うりあげ Sales 매상】

通常、売上げというのは毎月、もしくは年間ベースのことを指すのですが

理美容業界の場合、顧客単価と勘違いしているケースは少なくありません。

というのは「売上げを構成する要素はなんですか?」と聞くと

「技術と店販」と答える理容師、もしくは美容師が時々存在するからです。


確かに、一人の顧客が来店された場合の売上げは「技術と店販」で計算することができます。

しかし、通常は毎月もしくは年間という単位が多い売上げですから


【客単価】×【客数】×【来店頻度】


この数式によって成り立つのです。

いくら使ってくれるのか。何人来店されるのか。何回来店されるのか。

この3つが売上げを構成する要素。


注目して欲しいのは3要素が掛け算になっている部分。

つまり、どれか1つでも0(ゼロ)になってしまうと、売上げも0になってしまうのです。

とはいえ、そのような状況は現実的ではありません。

では、こう考えてみましょうか。どれか1つの数値が低くなったらどうなるのか、と。


1(客単価)×1(客数)×1(来店頻度)=1(売上げ)とします。


客数が半分になった場合の計算は・・・

続きはコチラっすよー
[PR]
# by ribiyo | 2010-12-17 18:40 | 理美容用語辞典

理美容経営用語辞典【い】 一番客

一番客【いちばんきゃくThe guest 제일(가장) 손님 】

この言葉は愛知・春日井市にある「笑える床屋・髪千人」のマネージャー

髭剃り男爵さん教えてもらいました。

ありがとうございます。

聞けば、ヘアサロンを新規出店した際、最初に反応する客層を一番客としています。

新しいモノが好きで、すぐに飛び付きいち早く情報を集めて活用できる人たちですね。

最近でしたら、iPadを発売と同時に購入した人たちのことを指します。

一番客の特徴としては、何事も新しいモノに飛び付きやすいため

一箇所に定着しないという側面も存在します。

言い換えれば、新店舗もしくは新業態が生まれれば

誰よりも先に行くのが一番客であります。

つまり、一番客を固定化するには相当な困難が予想されるのです。

と言いますか、元々固定化しない客層ですからね。

であれば、重要なのは二番客もしくは三番客。

一番客の動向を見定めながら、その間、情報を収集して

最終的に勇気を出して来店するのですが

だからこそ再来店率もしくは固定化率が高くなります。

となれば、新規独立出店したヘアサロンの場合

この二番客もしくは三番客こそが集客対象となるのです。
[PR]
# by ribiyo | 2010-11-25 12:57 | 理美容用語辞典

理美容経営用語辞典【い】 1対1.6対2.56の法則

【いちたい・いってんろくたい・にいてんごうろくのほうそく Law of ..couple.. 1.6:2.56 1대1.6대2.56의 법칙】


栃木県内で理美容室を多店舗展開しているビューティアトリエに行った時の話。

取材趣旨としてはES(スタッフ満足度)向上でしたが

気になったのがクレドのように持ち歩ける年間経営計画書。

郡司社長曰く「毎朝の朝礼で、書かれている内容をスタッフ全員で唱和している」と言います。

拝見すると毎月1日に読むページ、2日に読むページ、3日に読むページと

日替わりの内容があり、そこでは仕事に対する向き合い方

基本的な部分や経営者の想いなどが中心なので、かなり面白く読めるのです。


で、印象深いのが1対1.6対2.56の法則について。

上司からの指示が納得しない状況で、嫌々取組んだ仕事の結果を1とします。

それに対して、同じ指示内容でも取組む意味などの説明があり

納得したうえで行なった仕事の結果は、1.6倍にも高まると書かれています。

さらに勉強になったのが、次のような一文です。

自らが必要性を感じ、実現するために企画・実行した場合

1.6×1.6と言う計算式が生まれ、結果2.56倍にも向上する、と。


私自身の活動からも、このような結果の違いに対して物凄く共感します。

となれば、ヘアサロン経営者の仕事の1つとしては

指示を出して実行者に納得できる説明をするよりも

時間はかかりますが、スタッフに必要性を感じるような思考を促し

話を盛り上げつつも、実現した際の面白さを伝えて共有することが理解できます。

そのうえで、実行者を募り企画段階から任せてみると、結果が違ってくる。

面倒ですが、この一連の流れが仕組み化されると

もしかしたら、ヘアサロン全体が良い方向に循環するのではないでしょうか。


その逆も然り。

納得していない・できない指示が飛び交っている状況下では

忙しいフリをしている、もしくは「忙しい」「無理」と連呼するだけで

結果に繋げられないスタッフが量産されます。

そのようなスタッフは、自分自身の作業効率の低さを棚に上げますので

責任を他者もしくは職場の環境へ転化して、一向に改善されません。

当然、売上げも比例しますので、経営者からの指示が増えると言う負の循環に陥ります。


繁盛ヘアサロンの経営者は、もしかしたら

1対1.6対2.56の法則を意識して活用しているのかもしれません。
[PR]
# by ribiyo | 2010-11-12 12:21 | 理美容用語辞典

理美容経営用語辞典【い】 一番商品

【いちばんしょうひん The commodity 제일(가장) 상품 】


ヘアサロンのメニューの中でリクエストが多い定番メニューを

グランドメニューと呼ぶと記憶しています。

以前、とある県で市場占有率(シェア率)ナンバー1の理美容室経営者を取材した際

一番商品と言う言葉を数多く聞きました。

自店の一番商品とは何か。

もっと多くの見込み客に知ってもらう為には、どうすべきか。

さらに磨きをかけるとしたら、改善箇所はどこにあるのか。

日々、そのような事を考えているからこそ、言葉の端々に出てくるのですね。

言い換えれば、一番商品をそれだけ意識しているからこそ

県内の市場占有率を達成できたとも考えられます。

つまり、今売れている商品(メニュー)は何か。

その見極めを行なうと、販促アプローチなどで資金を集中する先が理解でき

投資に対する回収効率も高まる結果、一番商品がさらに売れるようになります。

飲食業界の場合、一番売れている商品(人気商品)

一番利益率が高い商品(売りたい商品)、一番安定して売れている商品(定番品)

その違いによってメニュー表もしくは価格表でアプローチする位置に変化が生じるのですが

理美容業界の場合は、そのメリハリがまだまだ少ない気がしています。


皆さんのヘアサロンの一番商品って何ですか?
[PR]
# by ribiyo | 2010-10-04 23:10 | 理美容用語辞典

理美容経営用語辞典【い】 1対1.7の法則

【いちたいいってんななのほうそく Law couple 1.7 1대1.7의 법칙 】

前回の1対1.3の法則は差別化、地域一番店に対する一定の基準となりますが

この1対1.7の法則は、ダントツと言うイメージを与える基準となります。

1.3倍の差では、違いを感じる程度ですが

1.7倍の差を目の当たりにした人はナンバー1

つまりダントツに飛び抜けていると言う印象を受けるのです。

同業他社が1.7倍の差を感じた場合は

追い付こうとしたり、または追い抜こうと考える事が時間のムダ

もしくはコストが必要となるため諦めてしまいます。

例えば、地域で一番広い店舗面積に対して

1.7倍の大きさの新店舗が出店されると

商圏内の見込み客は「地域で一番大きい店舗」がオープンしたと言う印象を受け

同業他社は、店舗面積で競い合う事を諦めます。

言い換えれば、1.7倍以内の差であれば

同業他は「まだまだ大きさで競い合う余地は残っている」と考える事でしょう。

しかも、1.3倍の法則を活用した地域一番店の場合

何かのトラブルや不祥事が発生すると、二番手に位置する同業他社との逆転もありますが

1.7倍の差があると、複数の問題が発生しない限り

そう簡単には逆転されないとも言います。


とは言え、1.7倍の差を付けることは、かなり難しいですよね。

この話を聞いた時の私も同じような心境でしたが、こんな裏技もあるようです。

1.3×1.3=1.69(約1.7)

つまり、同業他社と比べて1.3倍の強みが2つ存在すると

それが1.7倍の差を生み、地域ダントツ店となるのです。

ランチェスター戦略的に落とし込んだ場合

ブログやサンキューレター、ニュースレター、ダイレクトメールなどによる

来店時以外の顧客との接触回数が同業他社の1.3倍

店頭置き看板や、掲示板を通じて地域情報を発信する量が同業他社の1.3倍となれば

地域密着度ダントツ店となる事が考えられます。


自店の強みを、どの位アプローチするのか。

その基準は1.3倍もしくは1.7倍なのかもしれません。
[PR]
# by ribiyo | 2010-10-02 19:30 | 理美容用語辞典

理美容経営用語辞典【い】 1対1.3の法則

【いちたいいってんさんのほうそく Law couple 1.3 1대1.3의 법칙】

人が違いを認識するのは、1.3倍以上と言います。

一言で表現するとそうなりますが、もう少し丁寧に説明しますね。

例えば、目の前にAとBと言う2つのグラスが並んでいるとします。

大きさは微妙に違いますが、多くの人がその変化に気付くのは

Aに対してBのグラスの大きさが1.3倍以上になった時からです。

つまり、大きさの違いが1.2倍以内の場合、多くの人の目には同じ大きさと映るのです。

もちろん、この法則は大きさだけではなく、色んな分野でも一緒。

「○○地域ナンバー1の駐車場完備!」と言うキャッチコピーに対して

エリアで一番大きい駐車場の1.3倍のスペースを確保すると

人は「うん。一番広い駐車場だ」と違いを認識する事になります。

某家電量販店などでは、この法則を活用して

「ハイビジョンテレビは○○地域で一番の品揃え!」

と言うキャッチを打ち出したケースもあると言います。

もちろん、エリア内における同業他社のテレビ売り場をリサーチして

一番広いスペースに対して1.3倍以上の場所を展開

そこにハイビジョンテレビをズラーっと並べています。

そうすることで、来店客は「一番の品揃え」と言うキャッチに納得し

同時に、同業他社との違いを明確に理解できるのです。


理美容業界でも「差別化」と言うキーワードは耳に入りますが

同業他社と比べ「どのくらい」違いを持たすのか、そこがポイントになります。

その際には、1対1.3の法則を活用してみると一定の基準が明確になりませんか。


このお話は、異業種の集客をテーマにした際の取材先である

靴のマギーと言う量販店の相談役から教えてもらいました。

もちろん、1対1.3の法則を活用されていました。

ありがとうございます。
[PR]
# by ribiyo | 2010-09-30 13:43 | 理美容用語辞典

理美容経営用語辞典【い】 インターネット

【いんたーねっと Internet 인터넷】

個々のコンピューターを、相互に結んだネットワークの集合体とでもいうのでしょうか。

まっ。

そんな小難しい説明よりも、メールやホームページ

ブログやツイッターなどによる情報交換が盛んな昨今、とくに説明は必要としないでしょう。

ただし、誤解をしているケースも少なくありません。

というのは「ウチの客層は団塊世代以上だから、だれもパソコンなんか見ないよ」

と語るヘアサロン経営者が、ときどきいます。


たしかに、その世代が自ら検索して

ホームページなどから情報を収集する状況は少ないと想像します。

が、先日、こんなやり取りを目の当たりにしました。

私には70歳の義父がおり、もちろんパソコンには触ろうとしません。

しかし、娘(私の嫁さん)に、このような言葉をかけます。

「今度、商店街のメンバー同士で飲みに行くので旨そうな居酒屋さんを、パソコンで探してくれないかな」と。

つまり、自分は使わないものの

インターネットにおける情報量と利便性には頼りたいという心理が働いており

言い換えれば、間接的に活用していることになります。

となれば、たとえ狙いの客層が団塊世代であっても

ホームページやブログでの情報発信というのは必要不可欠になります。

便利なモノは世代に関係なく利用されるのですね。


理容室を検索する際

なぜかヒットすることが少ないと思うのは、私だけでしょうか?
[PR]
# by ribiyo | 2010-09-16 18:37 | 理美容用語辞典

理美容経営用語辞典【い】 インプット

【インプット Input 인풋】

アウトプットの逆の意味で、情報を得ることや集めること。

理美容業界では各種セミナーが開催されていますが

受講前にインプットする内容を意識するだけでも

記憶に残る確率が高くなると言われています。

情報は意識すると自然に集まる、もしくは得られることも多いので。


その理由としては次のように考えます。

例えば、いま、パソコンの周辺に赤いモノはいくつありますか? 

と聞かれた場合、そこで初めて赤いモノを意識します。

そして、探して数えることでしょう。

ですが、その質問を投げかけられる以前から

その赤いモノは存在し視野に入っていました。

つまり、見ていたのですが記憶に残っていないことになります。

なぜか。

意識をしていないから。

私は、そう考えます。


となれば、情報を集めると意識するだけで、目に入ってくる

もしくは聞こえてくる情報を精査し

記憶に残す作業を行なうことができるのです。

だからこそ、冒頭のセミナーを受講する際は

インプットする内容を意識することで結果が違ってくると思うのです。


最も効果的なのは、インプットとアウトプットを意識して行動することで

記憶に残る確率がグーンと向上します。
[PR]
# by ribiyo | 2010-08-25 12:03 | 理美容用語辞典

理美容経営用語辞典【あ】 アウトプット

アウトプット【あうとぷっと Output 아웃풋】


情報発信、もしくは誰かに伝えたりすることを、アウトプットを言います。

アウトプットするメリットは、どこにあるのでしょうか?

1つは、情報が集まること。

情報は発するところに集まると言う特性があります。

なぜでしょうか。

1つの仮説として捉えて欲しいのですが

情報を発すると言うことで、同じような興味を抱いている人との接点が生まれることになります。

例えば、ブログを通じてアウトプットしたとします。

すると、その内容に反応を示した方がコメントを書き

そこから交流が生まれ、やがて親しくなり、情報を交換するようになります。

この繰り返しによって、逆に相手からも情報を得られるようになります。

事実、私の経験でも、そのようなケースは数多くあり、現在もどんどん進行しています。


メリットの2つ目としては

有限会社クロフネカンパニーの中村文昭代表が講演などで話していますが

同じ情報を何度もアウトプットしているうちに、伝え方が上手になると言います。

言い換えれば、自分の頭で考えるからこそ、シンプルな言葉で伝えることができるのです。

しかも、そうなりますと完全に記憶に残るようになります。


欲しければ与えろ。

そのような格言もありますように、情報が欲しければ

まずは自分自身がアウトプットしないと集まらないのです。
[PR]
# by ribiyo | 2010-08-18 17:03 | 理美容用語辞典

理美容経営用語辞典 【い】 ES

ES【いーえす Employee satisfaction 종업원만족】

従業員満足度をESというのですが

要は今の仕事に対して、スタッフがどれだけ満足しているのか、そんな感じですね。


以前、理美容室の経営コンサルタントから、こんな話しを教えてもらいました。

「売上げ低迷の原因が不明な場合、大体ESが関係している」

「だから、とりあえずESを高める手段に着手すると、結果に繋がることが多い」と。

確かに、無謀な指示、納得できない仕事に対するモチベーションは低く

それが結果として「やらされている感」が強くなり、ダラダラと時間だけが過ぎる。

そんな経験は、ありませんか?

言い換えれば、今行なっている仕事の理由を知らないからこそESが高まらない。

だから、売上げが向上しない。そのような流れでしょうか。


千葉県で理容室・美容室を多店舗展開している経営者を取材した際

「給与体系と社会保険制度をしっかり構築し、安定した生活を保障するだけでもESは向上する」

そのようなお話も聞けました。

また、某食品メーカーの経営者は「数字のノルマはないが、行動のノルマは設定している」

「自己成長の目標を立て、努力を重ねてクリアする」

「その繰り返しによって、高レベルのESが高まる」とも教えてくれます。

これは、マズローの欲求段階の上位にある「自己実現」に刺激を加えることですね。

これらの話から、売上げ低迷の原因は、スタッフ満足度が大きく関係してくることが考えられます。


ちなみに、以前伺ったことがある千葉の某理容室は、なぜかいつも活気があり

その理由を色々と聞いたところ、最終的には感謝ノートやサンクスカードなどを通じ

日々、スタッフ同士で感謝の言葉を伝えていることに行き着きました。
[PR]
# by ribiyo | 2010-06-30 18:30 | 理美容用語辞典

理美容用語辞典【い】 インセンティブ

インセンティブ【いんせんてぃぶ Incentive 인센티브】

報奨金(ほうしょうきん)と言う意味が強く、一定の売上げ目標をクリアした際などに

関係した対象者に支払われる仕組みとも受け取れます。

歩合制度とは少々違うのですが、理美容業界の場合は

スタイリストやアシスタントの担当客数、もしくは売上げに対して

毎月の給与に反映させ、それをインセンティブ制度と表現しているケースもあります。

スタッフの給与は固定費となりますが、このインセンティブによる費用は

客数もしくは売上げと比例するため、変動費となります。

つまり、売上げに関係なく必要な固定費を抑えつつも

スタッフのモチベーションを高めたい、そんな状況では効果的です。


ただし。

千葉県で理美容室を多店舗展開している経営者は

以前「現在のスタッフは安定志向が強いケースが多い」と教えてくれました。

この話からは、インセンティブ制度によって毎月給料が変わる給与形態よりも

多少低くても、一定の金額が保障されている制度を求める理美容師が増加している

とも受け取れます。

そうそう。

いま思い出しましたが、自分の妹がFC展開している某美容室で働いていた時

過酷なインセンティブ制度によって、現状を知ったスタッフたちは

モチベーションがアップするどころか、大幅にダウンしていたと聞きました。

さらに、この話にはオチがあります。

妹が退職する際の給与が未払いとなり、自分が某美容室と交渉した際に

インセンティブ制度を悪用している理美容室も存在する事を知りました。

余談になりますが、その悪徳美容室は、現在かなり苦しい経営環境にあります。

優れた制度も、経営者の考え次第で結果は違ってくるのです。
[PR]
# by ribiyo | 2010-05-07 12:55 | 理美容用語辞典

理美容用語辞典【あ】 雨の日サービス

雨の日サービス【あめのひさーびす Service on day of rain 비내리는 날 서비스 】

客足が遠のく日に行なう、集客イベントの一環。

従来のイベント内容は、割引やキャンペーンの開催と言う感じが多いと思います。

雨の日に来店された方は○割り引き。

もしくは、オプションメニューのサービス。


確かに、それらも効果が得られると考えますが

いつもお世話になっている会計士事務所では、一味違う雨の日サービスを行なっています。


その内容は、来客者の傘の雨を拭(ふ)き取り、そしてキレイにたたむ、そんな感じです。

気付かない顧客も多いと思いますが、気が付いた際のインパクトは多く、やっぱ嬉しい。

何よりも、予算ゼロ円でできるサービスではないでしょうか。

どちらにしても、雨の日だからこそ顧客満足度を高めるサービスの一環として

傘を拭くと言うのは効果的です。


サービスとは「あなたのために行なう」と言うのが根本にあり

そう考えますと、雨の日だから来店された全員を対象に割引を行なうイベント以上に

実際に来店されたお客さまの傘を拭く事が

もしかしたら、サロン側の好意を強く感じられるとも思っていますが

皆さんは、どう思いますか?
[PR]
# by ribiyo | 2010-04-29 19:03 | 理美容用語辞典

理美容用語辞典【あ】 アウムファの法則

アウムファの法則【あうむふぁのほうそく Law of [aumufa] [아우무파]의 법칙】

この言葉は、勉強不足の自分にとって、まだ深く理解していません。ごめん。

ただ、販促・PRの専門会社であるイズ・アソシエイツの岩本俊幸代表曰く

「心に刺さる消費者行動理論」としています。

また、同社のHPによりますと、次のような説明がありますので、転載します。

---ここから

チラシには紙面上の制限があるので、すべてを入れることは不可能だが

「AUMFA(アウムファ)の法則」に 従って要素の優先順位を決め

チラシの紙面に落とし込むことで販売促進の効果を追求することができる。


Action-感情を呼び起こす

Understand-理解を深める

Memory-記憶する

Fade-矛盾や葛藤を解消する

Action-行動を喚起する

---ここまで

この理論に基づいたヘアサロンの販促物の具体例は、現在のところ記憶にありません。

今後、見付かり次第、紹介していきます。

イズ・アソシエイツHP
http://www.is-assoc.co.jp/index.html
[PR]
# by ribiyo | 2010-04-28 11:38 | 理美容用語辞典

理美容用語辞典【あ】 アイキャッチ

アイキャッチ 【あいきゃっち Eye obtaining 아이 캐치】


思わず見てしまう、もしくは目がいってしまうモノとでも言うのでしょうか。

店頭置き看板、または外観に存在すると、そこからヘアサロンの情報が自然と目に入り

結果、通行人に対してのアプローチ効果が高まると思います。

神奈川県の理容店では、レディースシェービングを宣伝する際、

店頭置き看板を活用し、2年間で400人以上の新規客集客に成功しました。

技術内容よりも、行なうことで得られる体験を紹介した置き看板ですが

まずは、ディスプレイした造花で女性の見込み客の注意をひいていました。

そうです。それが、その造花こそがアイキャッチです。


そして、早稲田周辺のメンズオンリーのヘアサロン(理容店)では

以前、ガイコツの人形を置き、それが話題となりました。

カット中の顧客の携帯が鳴り、会話をしていると、おそらく現在地を聞かれたのでしょう。

「いま? ガイコツのサロンにいるよ」と言っていたらしいのです。

そう。アイキャッチのために用意したモノが

口コミキーワードになり、そこから地域認知度を高めていました。


新規客集客も期待でき、紹介客へのキーワードになるのがアイキャッチ。

このように考えますと、アイキャッチが必要だと思うのですが、どうでしょうか?
[PR]
# by ribiyo | 2010-04-25 23:39 | 理美容用語辞典

理美容用語辞典【あ】 安心・安全

安心・安全【あんしん・あんぜん Safety is safe 안심 안전】


ヘアサロン経営の根幹には、顧客の安心・安全の存在があります。

技術やデザイン以上に生活衛生の維持向上が第一なので、消毒の徹底などが非常に重要。

言い換えれば、国民の衛生維持向上と言う観念が不足していると

それは、ヘアサロンの経営者としての資質が大きく欠落していることになります。

とは言え、消毒関連の技術などは、正直、非常に地味な分野でもあり

だからこそ、多くのヘアサロンでは衛生部分よりも

技術やデザインなどを前面に打ち出していると推測します。


以前、栃木県のある理容室では、空気清浄機を店内に設置したと同時に

店頭には「空気清浄中」と言うPOPを貼り

それが、顧客に対して好評であり、信頼感の構築にも繋がったと教えてくれました。

経営者は「想像以上の反応があって、かなり驚いた」と教えてくれたのは

今でもハッキリ記憶しています。


安心・安全を別角度から考えてみますと、ヘアサロンで働くスタッフにも関係してきます。

千葉県で、理容室と美容室を多店舗展開している経営者を取材させてもらった際

「給与や社会保障、定期的な健康診断の実施、不慮の際の保障などを整備した」

「正直、それらを取組んだ直後は多くの諸経費が発生し、負担が大きかった」

「しかし、スタッフ定着率が向上して、スタッフ募集にかかる諸費用が軽減されると

それが社会保険などの費用を上回り、結果、プラスの効果をもたらした」

このようなお話を教えてくれました。

つまり、ヘアサロンのスタッフが安心・安全と言う心境が働く環境の整備が

ES(スタッフ満足度)に繋がり、売上げを牽引(けんいん)するのです。


顧客、そしてスタッフへの安心・安全を保障する。

その環境整備こそ、ヘアサロン経営者の仕事だと思っています。
[PR]
# by ribiyo | 2010-04-11 17:36 | 理美容用語辞典

理美容用語辞典【あ】 諦めない

諦めない【あきらめない It doesn't give it up 포기하지 않는다】


「このチラシは効果が少なかった。だから、次回はやめるよ」

ヘアサロンを取材していて、時折、経営者からこのような言葉が聞こえてきます。

「このPOP、あまり反応ないんだよねぇ」と言う話も結構少なくありません。

効果が少ない、もしくは反応がない。

その原因を考え、場合によっては専門家の意見を参考にしながら失敗要因を見つけ

そして改良を加えて再チャレンジすることで、最終的に成功に近付くと考えます。

ですから、その過程で諦めてしまうと、そこで失敗となってしまい

言い換えれば、失敗しても諦めなく、そこから得られた経験を糧にして

もう一度行なうと、それは経験となるのです。


などと自分のことを棚にあげて偉そうに書いています。申し訳ありません。

ただし、繁盛サロンには失敗を繰り返し、試行錯誤を繰り返した結果

独自の儲かる仕組みを構築していると言う共通点があるのも事実。

神奈川県のある理容店では、レディースシェービングのアプローチ手段の1つとして

店頭置き看板を活用しています。

担当者は女性スタッフ1人ですが、約3年間で400名以上の新規客集客に成功。

成功要因の1つには、経営セミナーなどで勉強し、改善を繰り返している置き看板。

伺った際は、造花が貼っており、そこから注意を引き寄せ、さらに「知っていますか?」と訴えかけ

狙いの客層を書きつつ、体験することで得られる事を紹介している置き看板でした。

現在は「五感で感じる幸福感」と言うキャッチコピーの活用を勉強し、改善を加えていると聞きました。

このように、繁盛サロンになる為の手段の一つに、諦めないことがあげられると思います。


最悪なケースとしては、行なう前に「できない理由」を考えてしまい、何も行動しない。

残念ながら、このようなヘアサロン経営者は、案外多いのも事実です。
[PR]
# by ribiyo | 2010-04-10 16:42 | 理美容用語辞典

理美容用語辞典【あ】 アンケート

アンケート 【あんけーと Questionnaire 앙케이트】


色んな人に同じ質問を行ない、答えを集めること。そんな感じでしょうか。

ヘアサロン経営におけるアンケートの場合、対象は顧客となり

そこから満足度や、改善箇所、そして自店の強みを知る為に行なう事となります。

以前、理美容業界の販売促進を担当している方からは、こんなアドバイスをいただきました。

「アンケートを行なう際、来店回数が浅い顧客に対しては改善箇所を中心に

優良顧客、長期間定期的に来店されている顧客などには

自店の来店動機を聞くと、効果的な情報が得られる」と。

その理由としては「来店回数が浅い顧客は、どうしてもアラ捜し的な目線が強くなり

反面、優良顧客などは来店する明確な理由が存在している」ともしていました。

この部分がゴチャゴチャになってしまうと

アンケート結果によるミスリードが発生する危険性もありますので、ご注意ください。


話は、少し変わりますが、東京・千歳烏山の美容室を取材させてもらった際

アンケートから判明した改善箇所と、その部分への対応結果を店内POP

そして、ニュースレターなどを通じてアプローチしていました。

誰しも、自分の意見が採用されたり、指摘部分が受け入れられると嬉しいものですが

前述のサロンのアンケートに対する取組みは、情報を集めて活用する典型的なパターン。


自店の為にではなく、顧客へのサービス向上を目的として行なう。

それがアンケートであり、その想いを伝えるだけでも結果は違ってきます。
[PR]
# by ribiyo | 2010-04-09 17:25 | 理美容用語辞典

理美容用語辞典【あ】 明るさ

明るさ【あかるさ Brightness 밝음 】


ヘアサロン経営者もしくは店長に必要なモノの1つに「明るく振舞う姿勢」があると思います。

性格的に明るくないのであれば、スタッフがいる前だけでも明るく演じる必要があります。

理由は簡単。

スタッフたちは上司の行動や言葉、表情などに対して非常に敏感だから。

例えば、スタッフたちを前にした経営者が、ミーティングの冒頭に

「不況の影響で当店の売上げも厳しく・・・・・・」

「地域の人口が減少傾向にあり、そのため当店も新規客の来店が激減し・・・・・・」

ため息交じりの暗いトーンで、こんな話をしたら

その後、活気ある意見などがガンガン出る訳がありません。

もちろん、自店の現状をスタッフが知る事も必要ですが

前述のような口調、雰囲気で話されたら、それこそモチベーションは一気にズコーンと下がり

そのままのテンションで、サロンワークを行なうことなるでしょう。

それが暗い空気感を生み顧客が敏感に感じ取りますので、失客。THE・悪循環。


色んなヘアサロンを取材していて思うのは、経営者のスタンスやテンションは

そのままスタッフに受け継がれているケースが実に多いと言うこと。

コンテストに熱心な経営者のもとには、コンテストを通じて技術と人間性を高めているスタッフが多く

元気一杯の経営者には、これまたテンションが高いスタッフが集っています。

これらの事例から断言できるのは「経営者の雰囲気はスタッフに影響する」ことが挙げられます。


1000人以上(フランチャイズ含む)のスタッフを抱えている某美容室グループの経営者は

以前、経営セミナーで、こんなことを言っていました。

「繁盛店に共通しているのは活気。言い換えれば、活気があるところに人が集まる」

「明るいところに、ムシが群がるように」と。

ヘアサロン経営者の必要最低限の資質は、明るいこと。


「なんか雰囲気が悪いなぁ」と思ったら

その原因の1つには、経営者の「明るさ」が不足していることも充分考えられるのです。

ちなみに、理容師法・美容師法では、理美容室の最低限の照度(しょうど/明るさ)は100ルクスです。
[PR]
# by ribiyo | 2010-04-04 12:41 | 理美容用語辞典

理美容用語辞典【あ】 アイデア

アイデア【あいであ Idea 아이디어】


みんなが思い付かない発想とでも言うのでしょうか。

じゃー、なんでアイデアは生まれるのか。そんな素朴な疑問抱いた自分。

色々と考えたのですが、こんな結論になりました。

以前、教えてもらった話に「移動距離とアイデアは比例する」とあり

これは行動力こそが、アイデアを生む確率を高めると思っています。

つまり、こうです。

アイデア=Aと言う情報+Bと言う情報+Cと言う情報

とした場合、A・B・Cの3つの情報が重なり合ってアイデアが生まれるとなります。

言い換えれば、それらの1つでも不足するとアイデアは生まれないのですが

だからこそ、情報を集める行動力が、アイデアを生む原動力である事が理解できます。

ただし。

行動力があれば良い訳ではありません。ダラダラと移動距離を稼いでもダメなんです。

そこに、目的意識がないと、目に入ってくる情報もスルーしてしまいますからね。

ダラダラと移動している典型的な自分ですが、本日、こんな実験をしてみました。

帰宅中に「赤いモノを探す」と意識したのです。

すると、スーパーのロゴマークの色や店頭POPで使われている文字のカラーなどなど

色んな所で赤色が使われている事に気が付きました。

しかも、それらは初めて目にするモノではなく、普段から何気なく見ていたモノばかり。

と、なればです。

普段から、情報は常に目には入っているのですが、記憶には残っていない事になります。

そのような実験から、1つの結論として行き着いたのは「意識して見る事で情報が記憶される」と。


情報は、毎日色んな状況で得られているのですが、意識次第で記憶に残るし、その逆もあるのです。

そろそろ結論になりますが、アイデアを生む為には目的を持った行動力が必要不可欠。

だから、色んな人を会ってお話をして、そこから得た情報を重ね合わせてアイデアを生む。

ヘアサロンに限らず、(儲かる)仕組み作りこそが繁盛店に必要だと言われています。

その仕組みを構築するにはアイデアが欠かせません。

となれば、目的意識を持った行動と移動距離が重要なんですね。

他人や他社のアイデアを集めて独自のアイデアを生む。

一見して他人のフンドシで相撲をとる、もしくは卑怯(ひきょう)な方法かもしれません。

でもね、目的意識があるからこそ実現できるのです。

それって、できそうでできない代表例なんですよ。どう思います?
[PR]
# by ribiyo | 2010-04-01 23:57 | 理美容用語辞典

理美容用語辞典【あ】 アラ還

アラ還 【あらかん Around the 60th birthday [아라운도]환갑】


Yahoo!辞書によると、アラウンド還暦(60歳)とあります。

つまり、還暦前後の年齢で、団塊世代より少し若い世代なんでしょうか。

ヘアサロン現場、特に理容室の経営者と話をしていますと

「定年退職した男性客の失客が多い」と言う意見が結構多く聞こえます。

収入が激減する定年退職を機に、ヘアケアもしくは理容、美容料金を抑える。

そのような心理が働くのでしょうかね。

でもね。それはヘアサロン側にも原因があると思うのです。

理容室もしくは美容室は「髪を短く切る場所」と言う認識しかない顧客であれば

当然、「安い方がいいじゃんか」となるのは想像に容易いですから。

それを解消するには、まずはメニュー表の存在が必要不可欠。

価格表は、ほとんどのヘアサロンにありますが

反面、自店のコダワリや想いなどを伝えるツールが圧倒的に不足していると思うのです。

シャンプー方法ひとつにしても、理容師、美容師が常識と思っている事が

顧客は案外知らなかったりしますので。

その代表例が、頭皮を洗うのがシャンプーと言うのが理容師、美容師であり

顧客は髪を洗う事だけがシャンプーと勘違いしている顧客も多いのです。

理容店のシェービングも然り。

ヒゲを剃るだけではなく、皮膚に適度な刺激が加わり、それが艶とハリにも影響しますし

ヘッドスパやエステなどに関しては、科学的な立証がないものの

ある意味、医療分野に近い効果が得られると感じています。

事実、私の母親が原因不明の顔面麻痺(がんめんまひ)で入院して快気した際

一番効果を感じた治療は何か? と言う質問に対して

「エステを行なってから、顕著(けんちょ)に回復傾向に向った」と断言しており

某エステティック学校の新入生に、看護士が微増ながら増えている理由について聞いた際

「形成外科や美容外科などに勤務している看護士が多い」

「術後の傷の回復を促進するなどで、エステ技術の効果について目の当たりにしている」

「医療分野では理論的に説明できないものの、その効果を実感しているからだ」

「形成外科医院が、エステティックサロンを併設しているケースも増えている」

そんな話をいただきました。


スミマセン。長文になってしまいました。

兎にも角にも、アラ還世代にもっと理容・美容サービスの効果について説明する事が必要だと思っています。

と言いますか、アラ還の説明になっていない気がします。。。ごめん。
[PR]
# by ribiyo | 2010-03-30 23:09

理美容用語辞典【あ】 ありがとう

ありがとう【ありがとう Thank you 고맙다】


感謝の気持ちを表現する言葉ですが、こんな話を聞いた事があります。

水道水に「ありがとう」を毎日語りかけるだけで、水の結晶が、名水と同じキレイな形になる、と。

逆に「バカやろう」みたいな言葉を語りかけると、汚水と同じ結晶になるらしいのです。

これらは、いささかスピリチュアルな内容ですが、要は、言霊(ことだま)の一種だと思っています。


そうそう。

自分が新規客になりすまして行なっている潜入取材で、近所の美容室に行った時の事です。

そこは、オシャレなイメージよりも地域密着と言う感じでしたが

入ると案外、空気感や居心地が良かったのです。

「なんでだろう?」と思いつつ、その理由を探っていたのですが、目新しい接客がある訳でもありません。


でね。最終的に行き着いたのが、スタッフの言葉の端々にある「ありがとう」と言う言葉です。

カット中に「サイドは、この位の長さで良いですか?」と聞かれ「良いですよ」と言うと

「はい。ありがとうございます」と返ってきます。

シャンプー中「お湯加減は大丈夫ですか?」と聞かれ「大丈夫ですよ」と答えると

これまた「はい。ありがとうございます」と言う具合に、終始「ありがとう」が連呼されていました。

だからサロンの中は常に「ありがとう」の言葉がコダマし、それが空気感の良さに繋がったのでしょうか。


人の体の約60~70%は水分と言われています。

となれば「ありがとう」と言う言葉を聞く度に、人体の水分の結晶がキレイになり

そこから居心地の良さを感じたとも考えられます。推測の範囲ですが。

どちらにしても、言葉の端々に「ありがとう」と言う習慣を身に付けるだけで

経費や手間隙かからず、悪影響も発生しなく、しかも即実行できるので

結果、サロン内の雰囲気が良くなるとも思っています。


この話をすると、不思議なことに、繁盛サロン経営者に限って反応を示してくれるのですが

その辺も、何か関係があるのでしょうか?
[PR]
# by ribiyo | 2010-03-27 17:49 | 理美容用語辞典

理美容用語辞典 【あ】 宛先

宛先 【あてさき An address 행선지】


宛先を書かないハガキや手紙は、相手に届きません。当然と言えば、当然ですよね。

ハガキなどに限らず、宛先の重要性はチラシや店内POP、店頭置き看板でも言えるのです。

「誰に読んで欲しいのか」もしくは「誰に伝えたいのか」これが宛先になりますから。


話は少し変わります。

広告効果について、短期的な見返りを重要視しているヘアサロン経営者は多く

それが悪い訳ではなく、もちろん否定もしません。

10万円の広告費用に対し、新規客の客数×単価による費用対効果を求める場合

新規客数確保を念頭に置く事は理解できます。

この場合、客単価5千円の新規客が21人集客できれば5千円の売上げアップ。

だからこそ、狙いの客層を絞り込まないで、ある程度、幅広く多くの方の反応を得たい。

その心理もわかります。新規オープン時などは客数が必要ですから。

もちろん、スタイリストがデビューする時期やリニューアル改装を行なったタイミングなど

業態や経営状況、もしくは時期的な部分も関係してきますが

短期間で結果を求めるとなると、それこそ宛先を書かない広告内容となり

結局、ヘアサロンと新規客の間で価値感のミスマッチが生じ、リピート率が高まらない。


一方、極端な話ですが、5千円の新規客が1人でも21回来店してもらえれば

5千円の売上げアップになります。

この場合、広告に宛先を書く事で、ヘアサロンと新規客の間で

ある程度の価値感が共有されますので、リピート率が高まる可能性が考えられます。

ですから、チラシなどに宛先を書いて、小数でも末永いご来店をいただける客層を集客する方法が

長期的に考えると売上げ向上に繋がるとも思っています。
[PR]
# by ribiyo | 2010-03-24 19:39 | 理美容用語辞典

理美容用語辞典【あ】 AISAS(アイサス)の法則

アイサスの法則【あいさすのほうそく Law of [aisasu] [아이사스]의 법칙 】


消費行動のプロセス、つまり人がモノを買うまでの順番です。

アイサスの意味はAttention(注目)Interest(関心)Search(検索)

Action(行動)Share(共有)と言う行動の流れの頭文字。

気に止まって興味を抱き、インターネットで調べて購入。そしてブログなどで紹介する。

そんな感じでしょうか。


以前、某理容店に新規客として伺った際

このアイサスの法則そのまんまの行動パターンをとっていた自分。

店頭置き看板に大きく手書き文字で「ヘッドスパやってます」と書かれており

近付くと置き看板があり、そこでは顧客の声を通じたヘッドスパメニューの紹介。

そして、チラシが目に入ったので、持ち帰り自宅でその理容室をネットで検索しました。

ここまでがAttention(注目)Interest(関心)Search(検索)の部分です。

ホームページを拝見した自分は、性別や年代ごとに分類された「お客さまの声」や

ブログで紹介されていたスタッフの練習風景などから親近感を得て、予約の電話を入れました。

これがAction(行動)。

でもって、取材先が決まっていない弊社編集部員に対して、推薦しました。

そうです。Share(共有)したのです。

皆さんの消費行動を一度思い出してみてください。

アイサスの法則の流れで行動しているケースは、案外多いかもしれません。

ちなみに、通常のパターンでしたらSearch(検索)とShare(共有)は

ホームページやブログが大きく関係していることが理解できると思います。
[PR]
# by ribiyo | 2010-03-22 15:46 | 理美容用語辞典

理美容用語辞典【あ】 赤字

赤字 【あかじ Deficit 적자】


儲からないで損をする。売上げよりも支出が多い事です。

ヘアサロンをオープンした際、この赤字状態が数ヶ月間続く事は珍しくありません。

だからこそ、運転資金(数ヶ月間赤字でも営業活動ができる為の費用)が必要となります。

近年では独立オープンした美容室が、わずか数年で閉店に追い込まれるケースが多く

それは想像の範疇(はんちゅう)ですが、おそらく予想以上に赤字経営が続き資金繰りが厳しく

そして各種支払いなどが滞り、最終的に事業継続を諦(あきら)める。

独立出店して赤字経営が続く原因の多くは、過大な初期投資が考えられます。

固定費が多くなるので、当然、損益分岐点も高く、だから赤字になる可能性が高くなる。

そんな感じですね。


直接的な生産性が考えられないインテリアなどに資金を投じ

しかも、その資金が借金と言うのも珍しくありません。

借金の返済は税引き後の利益から行なうので(経費になりません)

それが利益を生まない経営体質の根源となってしまい、結局、運転資金の借金を繰り返す。

だから儲からないし、銀行の思うツボ。

これが更なる赤字体質を生み、負のスパイラルとなる、そもそもの原因です。


となれば、赤字にならない経営にするには、初期投資を徹底的に抑える事が肝要。

借金やリースを控える意識を持ち、独立当初は直接的に売上げに関連しない投資は行なわない。

そうするだけでも、赤字になる確率は断然減っていきます。

余談になりますが、理容業界では第三者後継と言う仕組みが構築されつつあります。

後継者がいない理容店経営者。独立したいけど資金が乏しい若年理容師。

お店と顧客を引き継ぐ条件で、独立するよりも安価で経営権利を譲渡してもらい

簡単なリニューアルだけを行ない独立した理容店経営者からは、こんな話がありました。

「約2ヶ月で損益分岐点を超えて(黒字経営)、スタートダッシュに成功した」と。

初期投資を抑え、しかも客数が確保されている。

諸問題はありつつも、赤字を出さないと言う観点から第三者後継もアリだと思っています。
[PR]
# by ribiyo | 2010-03-19 23:59 | 理美容用語辞典